突発性大腿骨頭壊死症の方のご家族と面談をしました

性別:男性 傷病名:突発性大腿骨頭壊死症  年齢:40代  就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

奥様が来所されました。数年前に運動中、両足に激痛が走り、個人病院に行きましたが、すぐに総合病院で診てもらうよう勧められたそうです。仕事を休める状況ではなかったため、手術はせずに今も痛みを我慢しながら働いているとのことでした。今後、手術をした場合に現在の仕事を続けられるか、とても不安に感じられていました。

社労士によるアドバイス

発症から現在までの生活状況を詳しくお聞きしたところ、痛みの症状が強く、日常生活にも支障をきたしている様子が感じられました。『肢体の障害』で申請する場合、一概には言えませんが、痛みや感覚の症状だけでは障害認定基準に該当しにくい傾向があるということお伝えしました。しかし、今後、人工関節の置換等をされる場合は、障害厚生年金3級に該当する可能性が高いことをお話しました。その際には、再度、当センターにご相談していただく事をお勧めしました。

面談ブログの関連記事