乳がんの方と面談を行いました

性別:女性 傷病名:乳がん  年齢:50代  就労状況:休職中

相談者の困りごと・面談時の状況

約2年前乳がんに罹り、手術をされました。その後抗がん剤治療を継続されていたとのことですが、最近、骨への転移が見つかりました。治療は現在も続いています。抗がん剤治療後は体調を崩されるため、仕事が思うようにできず、働くことが困難な様子でした。また、過去にうつ病も発症されており、現在は薬を飲みながら様子を見ているということでした。今後も抗がん剤治療を継続しなければならず、高額な治療費を支払い続けることに不安を感じ、相談に来られました。

社労士によるアドバイス

体調を崩されてから現在までのお身体の状態を詳しくお聞きしたうえで、障害等級に該当することは大変厳しい状況とお伝えしました。障害基礎年金2級の審査におけるポイントを説明したところ、ご自身も申請するタイミングは今ではないと判断されました。うつ病については、現在は症状も落ち着いている様子でしたが、今後、症状が悪化した場合は、『精神の障害』での申請を行う選択肢もある旨をお伝えしました。その際には、当センター、もしくはソーシャルワーカーへ相談されることをお勧めしました。

面談ブログの関連記事