知的・発達障害の方のご家族と面談を行いました。

性別:男性 傷病名:軽度知的能力障害  年齢:20代  就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

奥様が来所されました。最寄の役所にて障害年金の相談をされ、既に初診(と思われる)病院で診断書を作成済みでした。何度か転院されており、現在通院されている病院で『軽度知的能力障害』と診断されました。就職されていますが対人関係の難しさや、うつ病の症状もあることから継続は大変困難なため、今後の生活をとても不安に感じられ、相談に来られました。

社労士によるアドバイス

幼少期から現在までの生活状況について詳しくお話を伺い、『障害基礎年金2級』に該当する可能性がある旨をお伝えしました。既に診断書を依頼されていましたが、障害年金の申請において、最も重要になる書類が診断書であることをお話しいたしました。今後、ご自身で申請される場合には、年金事務所に相談しながら、慎重に手続きを行うことをお勧めしました。

面談ブログの関連記事