頸椎症性筋委縮症の方と面談を行いました

性別:女性 傷病名:頸椎症性筋委縮症  年齢:50代  就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

1年前に突然、左腕に力が入らなくなり、救急車で搬送されました。検査をしたところ、『頸椎症性筋萎縮症』と診断され、2週間ほど入院されました。その後は通院と処方薬での治療を行っているとのことです。現在はパート勤務をされておりますが、今後、症状が悪化した場合に収入がなくなってしまうことをとても不安に感じておられ、相談に来られました。

社労士によるアドバイス

体調を崩されてから現在までの症状をお聞きしたところ、症状は安定している様子でした。障害認定日が到来していないため、障害等級に該当するかどうか、今の状況では判断が難しい旨をお伝えしました。現在できることとして、障害者手帳の申請をお伝えしました。今後、症状が悪化した場合には、障害基礎年金の2級に該当する可能性があるため、最寄の年金事務所もしくは当センターへご相談していただくことをお勧めしました。

面談ブログの関連記事