社会的コミュニケーション障害で障害基礎年金2級が認められたケース

男性(20代/無職)
傷病名:社会的コミュニケーション障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給金額:年額780,100円

相談時の状況

お母様が来所されました。ご本人は子供の頃から対人関係でつまづくことが多く、小学生のときに精神科で「障害と判断するボーダーラインである」と診断を受けたそうです。その後はご家族の献身的なサポートにより高校を卒業され、一度は一般企業に就職されましたが、職場に適応できず、退職。その後は無職の状態が続いているとのことでした。将来のことを考えると障害年金の受給は切実な問題でした。

受任してから申請までに行ったこと

通院中のA病院に診断書の作成を依頼した際、病院の対応にご本人とご家族が強い不信感を抱かれました。今後もこのまま通院を継続していくことに疑問を持たれ、B病院にセカンドオピニオンをされました。その後、ご本人とご家族の希望により、B病院に転院し、障害年金の診断書もB病院で作成してもらうことになりました。しばらく通院をし、先生が症状を把握なさった後で診断書を作成していただき、申請を行いました。

社労士による見解

障害年金の申請準備の過程で、中には様々な理由から「転院」をされる方がいらっしゃいます。その際ご相談者様にお伝えするのは、「治療を最優先に考えてください」ということです。転院したからといって、本来受給権のない障害年金がもらえるようになるわけではありません。「転院」を検討される場合は、くれぐれも慎重にご判断ください。

結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます