線維筋痛症で障害厚生年金2級が認められたケース

男性(50代/無職)
傷病名:線維筋痛症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給金額:年額1,218,681円。加えて、2年6か月分の遡及額として一時金で3,046,700円。

相談時の状況

地域情報誌を見て、ご連絡いただきました。数年前から関節の痛みに悩まされるようになり、かかりつけの病院で相談するも原因不明。紹介された綜合病院での検査の結果、線維筋痛症と診断されたそうです。病気のため退職を余儀なくされ、今後の治療と生活に大きな不安を感じておられました。

受任してから申請までに行ったこと

かかりつけのA病院では線維筋痛症の診断はされていませんが、同一傷病についての受診であることが明らかなことから、A病院を初診として、受診状況等証明書を作成してもらいました。障害認定日も現在と同様の状態であったことから、障害認定日時点と現在の2枚の診断書を作成してもらいました。なお線維筋痛症は、その病状のステージを問われることが多い為、診断書内にステージを記載してもらい、申請を行いました。

社労士による見解

線維筋痛症は、その病状のステージを問われることが多い為、診断書内にステージを記載してもらう必要があります。また、病状に波がある障害の診断書作成にあたっては、体調が良いとき・悪いときそれぞれの状態、それぞれの頻度、それによる生活・就労への影響等を、お医者様に伝え、実態を認識したうえで作成してもらうことが重要だと考えます。

結果

障害厚生年金2級の受給が決定しました

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます