自閉スペクトラム症で障害基礎年金2級が認められたケース

女性(20代/無職)
傷病名:自閉スペクトラム症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給金額:年額780,100円

相談時の状況

「御家族が申請したところ不支給になってしまった」とご連絡を頂き、お母様が来所されました。ご本人はつい最近まで精神科に入院されており、退院後は自立訓練施設で生活されていました。現時点では就労もできないため、障害年金がなければ生活ができない、とお母様はとても心配されていました。

受任してから申請までに行ったこと

提出した書類を見せて頂いたところ、申請書類の内容から不支給の決定は妥当であると思われ、審査請求は行わないことにしました。ただしご家族は、提出した診断書には退院後の生活実態が正しく反映されていない、と感じられていました。

そこで、現状が正しく反映された診断書を医師から改めて作成していただき、一から申請をしなおすことにしました。

ご家族より主治医に、改めて現在の生活実態をお伝え頂き、実態が反映された診断書を改めて作成していただいたうえで、事後重症請求を行いました。

社労士による見解

「病院から受け取った診断書の内容を確認せずに年金事務所に提出した」、

「不支給の結果が届いた後で、初めて診断書の内容を確認したところ、実態と違う記載があった」等のご相談を非常に多くいただきます。

不支給の結果が出た後で、「申請書類の内容が間違っていました」という主張を認めてもらうことは容易ではありません。診断書は、医師のご判断で作成されるものであることは言うまでもありませんが、記載内容については申請前にきちんと本人が確認し、「実態と異なる」と思われる記載については医師に相談する等して、内容について理解したうえで提出することが重要です。

結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます