潰瘍性大腸炎で障害厚生年金3級が認められたケース

女性(20代/就労中)
傷病名:潰瘍性大腸炎
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
決定した年金額:585.100円

相談時の状況

弊社主催の障害年金セミナーに参加されたことをきっかけに、社労士に個別の相談がしたいと、後日お母さまとお二人で来所されました。数年前に潰瘍性大腸炎と診断され、入退院を繰り返しながら内科的治療を継続されてきました。しかし改善が見られず、結果的に、手術により人工肛門を造設されたそうです。度重なる手術と入院で体力も落ち、今まで通り働くことは難しいため、今後の生活を案じて、障害年金の受給を希望されていました。

受任してから申請までに行ったこと

腹痛や下血を訴えてかかりつけのA内科を受診した日を初診日として、A内科に受診状況等証明書を作成していただきました。

ちなみにこの方の場合、当時A内科では腹痛の原因が判明せず、紹介状でB総合病院に転院し、B総合病院にて初めて「潰瘍性大腸炎」の診断を受けています。

初診日=「病名の診断を受けた日」ではありませんので、注意が必要です。

また、人工肛門を造設された場合、「初診日から1年6か月が経過した日」か「人工肛門造設手術を行った日から6か月経過した日」のいずれか早い方が障害認定日となります。この方の場合は、「初診日から1年6か月が経過した日」を障害認定日として、B総合病院に診断書を作成していただき、申請を行いました。

社労士による見解

人工肛門の造設、人工関節の置換、ペースメーカーの埋め込み等、体内に人工物を置換・造設等された方の場合、例外的に、原則の障害認定日(=初診日から1年6か月が経過した日)以外の日が障害認定日として認定されることがあります。

特に、初診日から1年6か月以内に、上記のような人工物の置換・造設を行った方は、原則どおり1年6か月が経過するのを待たなくとも、申請できる可能性があります。

自分も当てはまるかも?と思われる方は、ご自分の障害認定日がいつになるのか、確認されることをお勧めします。

結果

障害厚生年金3級の受給が決定しました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます