精神発達遅滞で障害基礎年金2級が認められたケース

女性(20代/就労中)
傷病名:精神発達遅滞
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給金額:年額781,700

相談時の状況

グループホームの利用者の女性について、施設職員の方が相談に来られました。

利用者の女性は出生時から児童養護施設にて生活しており、知的障害のため小中高と特別支援学校に通っていました。
卒業と同時に現在のグループホームへ入所し、現在は障害者枠で就労中です。
しかし、現在の職場が彼女の障害へ大変理解があるため何とか就労できている状態で、他の企業での一般就労は難しい状態でした。

現在は日常生活全般において施設職員の助言や指導、物理的な手助けを受けて生活しており、金銭管理は通帳を世話人に預け一任している状態でした。

受任してから申請までに行ったこと

この方は現在定期通院をされていなかったため、①病院を受診して改めて病名の診断を受けること、②障害年金の診断書を作成して欲しい旨医師に伝えること、からスタートしました。

現在の日常生活の状況や今までの経緯等を、限られた診察時間内で、口頭でお話することは難しいと思いましたので、これらの情報を文章にまとめ、受診時に持参して頂きました。

病院受診~添付書類の準備等、施設職員の方が全面的にサポートして下さったおかげで、スムーズに準備が進み、申請を行うことができました。

社労士による見解

施設職員の方の親身なサポートがあってこそ、受給することができた事例だと思います。
適切な病院を速やかに受診すること、医師に的確に自分の状態を伝えること、診断書を依頼すること、記載内容に不明点があれば医師に照会すること、マイナンバー関係書類などの提出書類一式を用意すること等々、障害年金の申請にあたっては、色々な準備が必要となります。

当法人のご相談者様の中には、「以前自分で申請を試みたのだが、申請まで辿り着くことができず、途中で断念してしまった」という方もいらっしゃいます。
もし一人でお困りの方がいらっしゃいましたら、自己判断で諦めてしまわずに、当法人をはじめ、施設職員の方、病院のケースワーカーさん、身寄りの年金事務所等、まずは誰かに相談してみてください。
解決の糸口が見つかるかもしれません。

結果

障害厚生年金2級の受給が決定しました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます