僧帽弁閉鎖不全症で障害厚生年金3級が認められたケース

男性(50代/就労中)
傷病名:僧帽弁閉鎖不全症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
決定した年金額:年額780,100円

相談時の状況

地域情報誌を見て、相談に来られました。ある日原因不明の発熱があり病院を受診したところ、心臓の弁が細菌に感染していることが判明。
結果的に心臓人工弁の置換手術を受けられました。

現在は職場に復帰され、無理のない範囲でお仕事をされている状況でした。

受任してから申請までに行ったこと

まずは発熱により最初に受診した個人医院で、初診日の証明として「受診状況等証明書」を取得しました。

続いて、この個人医院からの紹介により転院した総合病院(人工弁の置換手術を受け、現在も定期通院中)で、「診断書」を作成してもらいました。
診断書には、人工弁の置換手術を行った年月日や検査所見の有無等を正確に記載していただきました。

社労士による見解

ご本人は、フルタイムでお仕事をしている状況で障害年金が受給できるのか、心配されていましたが、結果的にきちんと障害厚生年金3級の認定を受けることができました。

「働いていても障害年金をもらえるのですか?」というご質問をよく頂きます。
もちろん全く関係ないということはありませんが、働いている=もらえない、とは限りません。

特に、初診日が厚生年金で、人工弁やペースメーカー、人工関節、人工肛門等、人工物の置換をされている方の場合は、現在の就労状況に関わらず、障害年金が受給できる可能性は比較的高いといえます。

結果

障害厚生年金3級の受給が決定しました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます