統合失調症により障害基礎年金2級が認められたケース

女性(20代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給決定額:年額780,900円

相談時の状況

数年前、ご自身で障害年金を申請したところ、不支給になってしまったそうです。
これにより障害年金の受給は諦めていましたが、その後もご病気は回復せず、非常にお困りでした。

そんな中、偶然弊社のホームページをご覧になり、「何とかならないだろうか」と相談にいらっしゃいました。

受任してから申請までに行ったこと

ご自身で申請した際の申請内容と不支給理由を確認するため、日本年金機構に問い合わせ、申請書類の控え送付してもらいました。
内容を確認したところ、診断書に本来の生活実態が反映されていないため、「障害等級に該当していない」として不支給になっていることがわかりました。

このことから、これから行う二度目の申請においては、「現状の生活実態を正確に診断書に反映してもらうこと」が最重要事項であると考えました。
具体的には、現在進行形で困っていること、家庭での生活実態や就労の困難さ等を文書にまとめ、診断書作成医にお渡しし、一読のうえ診断書を作成していただきました。
ご本人やご家族からも、生活実態について、先生にお話ししていただきました。

社労士による見解

「精神の障害」の診断書では、「食事」、「清潔保持」、「金銭管理」等の日常生活上の行為について、単身生活ではどの程度自分で行うことができ、どの程度助言や指導を要するのか、という評価項目があります。

審査において非常に重要な項目ですが、「できる」、「できない」の2択ではないということがポイントです。
同じ「できる」でも、「(援助なしでも問題なく)できる」なのか、「(~してもらえれば、その先)はできる」なのか、このあたりが正確に診断書に反映されていないと、障害年金の等級判定を行う認定医に、実態が正しく伝わりません。
診断書の記載内容を決めるのは勿論主治医の先生ですが、記載にあたり必要な情報は、患者さんから先生にきちんと伝える必要があります。

結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます