注意欠陥多動障害により障害基礎年金2級が認められたケース

男性(20代/就労中)
傷病名:注意欠陥多動障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給決定額:780,900円

相談時の状況

特別支援学校をご卒業後、障害者雇用で就労中の方です。
生活情報誌に掲載されていた弊社の記事をご覧になり、お父様が連絡をくださいました。

無料相談にて実際にご本人にお会いしたところ、こちらの質問に対してしっかりと受け答えをされていました。
しかしながら、ご家族から生活状況を詳しく伺うと、「自立」を考えたときには、物理的にも経済的にも、障害によって大きなハードルがあり、現時点では不可能な状況であることがわかりました。

受任してから申請までに行ったこと

家庭と職場のそれぞれで、どのような援助を受けているか、どのような失敗があったか、困っていること、難しいと感じていること等を文書にまとめ、診断書作成医にお渡しし、一読のうえ診断書を作成していただきました。

また、ご本人やご家族からも、生活実態について先生にお話ししていただきました。
診断書だけでは伝わりづらいと思われる部分については、「病歴・就労状況等申立書」にて補足を行いました。

社労士による見解

この方の場合、診断書だけを見たときは、受給は難しように感じられました。
しかしながら無事に認定されたのは、これまでの教育歴(特別支援学校卒業)や職歴(障害者雇用)などを考慮し、障害の本質(一人で何もできないわけではないが、できたとしてもそのクオリティやスピード、工程等に大きな問題があること)を理解していただいた結果だと思います。

受給が決定し、大変嬉しく思います。

結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます