自閉スペクトラム症により障害基礎年金2級が認められたケース

女性(30代/無職)
傷病名:自閉スペクトラム症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給決定額:年額780,900円

相談時の状況

自閉スペクトラム症や併発する神経症のため、普段はご自宅にこもりきりだそうです。
家庭内でも制限が多く、ご家族のサポートのおかげで何とか生活が成り立っている状態でした。到底就労ができる状態ではないため、ご自身で障害年金を申請しましたが、不支給になってしまいました。

「今後どうやって生活していけばよいのだろうか」と大変お困りの様子で、ご相談にいらっしゃいました。

受任してから申請までに行ったこと

ご自身で申請されたときの提出書類を確認したところ、生活における多くのことが「単身でもできる」という内容になっており、ご自身やご家族が感じている「単身生活は到底不可能」な状況は、書類上読み取ることができませんでした。

再度、一から申請し直すこととし、主治医の先生にもう一度診断書を作成してもらいました(依頼内容は、「前回作成していただいた診断書の修正」ではなく、「直近の状態が書かれた新たな診断書の作成」です)。
その際先生には、ご本人とご家族から普段の生活実態をきちんとお伝えいただき、口頭で伝えきれない内容については我々が文書にまとめたものをお渡し頂きました。

社労士による見解

この方は遡及請求を希望されていたのですが、障害認定日時点では「障害年金の対象外の傷病(個人の特定につながりかねない為、病名は伏せます)」としか診断されておらず、自閉スペクトラム症の診断を受けていなかったため、残念ながら遡及は認められませんでした。

それでも、これから先障害年金を受給できることになり、ご本人やご家族から、大変感謝して頂きました。
「本当に安心しました・・・」というお言葉がとても印象深く、収入が全くない中、先の見えない療養生活にどれほど不安を感じられていたか、実感しました

今後も、障害年金の受給により、ご本人やご家族の経済的・心理的負担を少しでも減らすお手伝いができるよう、精一杯ご支援していきたいと思います。

結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます