社会的コミュニケーション障害により障害基礎年金2級が認められたケース

男性(20代/就労支援施設通所中)
傷病名:社会的コミュニケーション障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給決定額:年額777,800円

相談時の状況

数年前に相談者様とそのご家族で障害年金の申請をしたものの不支給となってしまったそうです。
前回の障害年金申請時には家族や周囲のサポートもあって何とか日常生活を問題なく送ることができていたそうです。
そのため、診断書の内容も日常生活について問題なく生活できているといった内容が書かれていました。
しかし、その後の数年の間には大学で留年を繰り返してしまったり、他人とのコミュニケーションがうまく取れないことから抑うつ状態になり最終的には大学を退学されるなどがあったそうです。

現在は就労移行支援施設に通いながら障害者枠での就労を目指していらっしゃいました。

受任してから申請までに行ったこと

前回、相談者様が障害年金の申請を行った際に日本年金機構に提出した書類の控えを取り寄せて内容を確認しました。
前回の申請内容と齟齬が生じないように注意して申請書類の作成を行いました。

また、特に病歴就労状況等申立書については日常生活を送るにあたっていかに一人でできないことが多く困っていらっしゃるかを具体的に記入しました。

社労士による見解

障害年金を申請し「等級不該当」で不支給になった場合、もしその後に障害状態が悪化してしまったらそのタイミングで改めて申請を行うことができます。
ただし、その場合の注意点としては前回よりも症状が悪化しているということが客観的にわかる資料を提出する必要があります。

今回のケースでは、相談者様は前回の申請時と同じクリニックに通院されており主治医の先生も同じでした。
先生は相談者様の症状が数年前よりも「悪くなっている」ことをよく把握されており、今回依頼した診断書にも明らかに前回申請時よりも障害状態が悪化していることが分かる内容を記載してくださっていました。

結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます