卵巣癌(人工肛門造設)で障害厚生年金3級が認められたケース

女性(50代/休職中)
傷病名/:卵巣癌
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給決定額:年額約583,000円

相談時の状況

卵巣癌の大腸癒着により、大腸摘出とストーマの造設手術を受けられたということでした。ご家族より初めてお電話をいただいたときは、まだ障害認定日が到達していなかったため、障害認定日付近で改めて無料相談を実施し、ご支援させていただくことになりました。

 

受任してから申請までに行ったこと

ストーマを造設した場合の障害認定日は、「初診日から1年6か月が経過した日」もしくは「ストーマ造設手術を行った日から6か月が経過した日」の、いずれか早い方です。

ご自分の障害認定日がいつか(=いつ申請ができるか)わからない場合は、今回のご相談者様のように、なるべく早い段階でご連絡いただくのがベストです。こちらで詳しいお話をお伺いして、適切な申請タイミングをアドバイスさせて頂きます。

 

社労士による見解

吐き気を主訴として初めに受診された内科にて、「受診状況等証明書」を取得しました。また、ストーマの造設手術を受けた総合病院にて、現在(=障害認定日)の障害状態についての「診断書」を作成してもらいました。

ストーマ造設の事実だけでなく、体力の低下や抗がん剤治療の副作用等の状況についても、必要に応じて記載していただくよう、依頼しました。

 

結果

障害厚生年金3級の受給が決定しました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます