網膜色素変性症により障害厚生年金1級が認められたケース

男性(50代/就労中)
傷病名:網膜色素変性症
決定した年金額と等級:障害厚生年金1級
受給決定額:年額約1,597,000円

相談時の状況

10年位前からひどい疲れ目や視野が狭まったような症状が出るようになり、1度だけ病院を受診されていました。

当時も網膜色素変性症と診断されたものの治療法がなかったため特にその後は通院せずに疲れ目を取る目薬を時々さすなどして対処していたそうです。

最近になって別の病気で入院した際、目の状態がについて診察を受ける機会があり、そこでも網膜色素変性症と診断され、医師から障害者手帳の取得や障害年金の受給をすすめられて当法人に相談にいらっしゃいました。

 

社労士による見解

眼の障害については、「視力障害、視野障害又はその他の障害に区分」されています。今回の相談者様は「視野障害」についてのご相談でした。

視野については、「ゴールドマン型視野計又は自動視野計を用いて計測」した数値結果をもとに障害等級を判断されます。

視野の障害で障害年金の申請を考えている方は、自分の検査数値が日本年金機構の障害認定基準に掲載されている障害状態に該当しているか医師に確認するとよいかもしれません。

 

受任までに行ったこと

初診日が10年ほど前ということで、当時のカルテが残っていない可能性がありました。まずは、相談者様に初診の病院に当時の受診記録が残っているか確認してもらいました。

初診の記録が残っていることが分かったので、その病院で初診の証明書の作成依頼と、現在通院している病院で診断書の作成依頼をしました。

診断書等を含め、申請に必要な書類を申請者様からお預かりして申請を行いました。

 

結果

障害厚生年金1級の受給が決定しました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます