自閉スペクトラム症により障害基礎年金2級が認められたケース

男性(30代/無職)
傷病名:自閉スペクトラム症
決定した年金額と等級:障害基礎年金2級
受給決定額:年額約781,700円

相談時の状況

幼少期から嗅覚過敏、極端な偏食、手先の不器用さ等が見られ、集団では孤立することが多かったそうです。

それでもご本人の努力とご家族のサポートのもと、大学に進学し、卒業後は一般企業に就職されました。

しかし社会に出ると、他者とのコミュニケーションがどうしても上手くいかず、短期間で仕事を転々とすることになりました。

そこで障害を疑い病院を受診したところ、「自閉スペクトラム症」と診断されたそうです。就職活動も上手くいかず無職の状態が続いており、何か経済的な補助を受けられないかと、相談にいらっしゃいました。

 

社労士による見解

障害年金の診断書を作成していただくにあたり、「普段の診察の中で、主治医に生活状況が正しく伝わっているか」という点は非常に重要です。

先生は医学の専門家ですから、障害の本質を理解し、患者さんが具体的に言葉にできない部分までも汲み取って、診断書に反映して下さる先生もいらっしゃいます。しかしこれは、決して当然のことではなく、本来は「伝えていないことは知らない」のが当たり前です。

「この件は先生に言ったことがないけれど、当然わかって下さるだろう」という姿勢ではなく、「先生に知っておいて欲しいことは、言葉にしてしっかりと伝える」ことが、障害年金の申請のみならず、治療においても必要なことなのではないかと思います。

本人から伝えるのが難しい場合は、適宜ご家族や支援者の方が診察に同行し、周囲から見た状況や支援の内容を伝えることも必要だと思います。

 

受任までに行ったこと

初めに相談にいらした当時、まだ障害認定日(初診日から1年半後)が到達していなかったため、まずは障害認定日を待つことになりました。

それまでに状況が改善し、障害年金が必要ない状況になっていることが最善でしたが、障害認定日も状況は変わらず、ここで改めて障害年金の申請意志を確認したうえで、準備を進めることになりました。

診断書作成にあたり親御さんは、「普段の診察の中で、本人が状況を正しく先生に伝えられているか」ということを心配されていました。

そこで、”家族から見た普段の生活状況や困り事”についてまとめた資料を作成して先生にお渡しし、一読のうえ診断書を作成していただけるよう、依頼しました。

 

結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます