発達障害で申請をしたいと考えていらっしゃる方とZOOMで面談を行いました。

性別:女性
傷病名:抑うつ気分
年齢:20代
就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

中学生頃から周囲の人たちとうまく人間関係を築くことができませんでした。
働き始めてからは仕事でどんなに注意をしてもミスを頻発させたり、同僚と円滑なコミュニケーションを取ることができないため仕事が長く続いたことがありませんでした。
自分がどんなに努力してもどうにもできないことから、数年前に精神科を受診してみたところ発達障害の可能性を指摘されました。

今後の生活のことも考えて、障害者手帳と障害年金の申請をしたいと考えています。

社労士によるアドバイス

面談の時点でご相談者様は新しい精神科の病院へ通い始めたばかりで、発達障害であるかどうかについては次回以降の受診で検査を行って正式な診断がされるとのことでした。
また、この時点で、主治医の先生から伝えられていた診断は「抑うつ気分」だけだということで、現在の状態が障害年金に該当する障害状態であるか判断することはできませんでした。

そこで、まずは主治医の先生に障害年金の申請を考えていることを相談してみることをお勧めしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます